利益を出せるコンビニのフランチャイズとは

コンビニフランチャイズ 比較ランキング
NO.2
ローソン
知名度
5
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
NO.1
ミニストップ
知名度
4
/ 5点
加盟料
5
/ 5点
ロイヤリティ
5
/ 5点
NO.3
ファミリーマート
知名度
4
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
HOME/コンビニフランチャイズを徹底比較

コンビニフランチャイズを徹底比較

儲かるコンビニフランチャイズの系列別の比較や、独立開業する上で知っておきたい内容等をまとめています。

今でもやっぱり人気のコンビニ経営!

コンビニの売上高が…とか、利益率が…など、様々な説があるのは事実。

でも、コンビニがいまや社会的なインフラの一つとまでいえるようになっているのも、周知の事実。

学習塾のように生徒の増減に振り回されることもなければ、薄利多売の他の業界に足元をすくわれることも、しばらくはないでしょう。

コンビニのフランチャイズにおいては、充実のサポート体制も魅力の一つ。系列にもよりますが、独立支援制度を設けているFCが大半です。

契約社員とかから始められれば、安心ですよね。開店後も、サポート体制を充実させているところがほとんど。経営していく上で悩みはつきもの。相談に乗ってくれる人がいるかどうかというのは、とても大きいですよね。

数あるコンビニFCのなかで、どの系列で独立開業するかで、お悩みの方も多いと思います。

選ぶポイントはやはり、初期費用・ロイヤリティ(加盟負担金)・サポート体制でしょうか。

…といっても、よくわからない方もいらっしゃると思うので、フランチャイズの常識について、まずは簡単にご説明します。

押えておきたい、フランチャイズの常識

フランチャイズ(FCと略される)とは、商号や商品・ノウハウなどを同一のブランドの元で使用する権利と引き換えに、対価としてロイヤリティを支払う制度です。

「お金を払う代わりに、ブランドを使いますよ」という契約ですね。なので、フランチャイズではロイヤリティというものから逃れることはできません。

後に比較していきますが、業界一位のセブンイレブン、二位のローソン、三位のファミリーマートはやはりロイヤリティが高いです。ブランドに自信があるのでしょうが、ハードルは上がりますよね。

コンビニFCでは、初期費用として、FC加盟料以外にも商品買取代や開店準備金などがかかることがあります。各FCの加盟条件や加盟必要金を調べておくことをオススメします。土地や建物をお持ちのかたは、それらを利用するかも検討しなければいけませんね。

逆に、フランチャイズ側がサポートしてくれる部分もたくさんあります。初期費用が用意できない場合、契約社員などから独立を目指せる制度もありますし、各種研修制度や開店後のサポートも用意している系列がほとんどです。

頼れる部分は、できるだけ頼って、最良の結果を出す。これが、コンビニFCで成功する秘訣です!

失敗しない“FC選び”をサポート

有名コンビニの特徴を比較

ミニストップやセブンイレブン、ローソンなどコンビニのフランチャイズ出店が可能なブランドはたくさんあります。

ブランドの知名度はもちろんですが、サポート態勢や加盟金、ロイヤリティ、契約期間などを総合的に判断して、ご自身の望むコンビニ経営のあり方を実現しやすいコンビニを選びたいところです。

早速それぞれのコンビニの特徴を比較してみましょう。

ミニストップ

フランチャイズとして人気の高いコンビニといえば、ミニストップです。

ミニストップは、契約期間が7年と他のコンビニと比べて短く、ロイヤリティも比較的低く設定されています。ファストフードメニューが充実している点が特徴で、ファストフードの利益率が高いことも人気の理由となっています。

  • 加盟金:一律250万円/税抜
  • ロイヤリティ:30%〜75%
  • サポート体制:インターン独立契約社員制度あり
  • 契約期間:7年契約(更新可能)

セブンイレブン

売上高では他のコンビニを抜いてトップに君臨しているセブンイレブン。加盟金はそれほど高くなく、ロイヤリティも売り上げ金額に応じて設定されています。店舗数が多く、サポート体制も専任のアドバイザーが直接店舗で指導してくれるなど、手厚いサポート体制が整っているのも特徴です。また、店舗数の多さから、配送リスクも比較的少ないコンビニです。

  • 加盟金:250万円〜300万円/税抜(契約形態によって異なる)
  • ロイヤリティ:54〜74%(月売上高250万円〜400万円未満の場合は64%、400万円〜550万円未満の場合は69%)
  • サポート体制:教室研修、実務研修、専任の店舗経営相談員による店舗指導などあり
  • 契約期間:15年契約(更新可能)

ファミリーマート

ファミリーマートでは、フランチャイズに4つの契約形態が用意されています。加盟金は一律税抜き300万円で、ロイヤリティは土地や建物をオーナー自身が用意することができれば36〜52%と比較的安く出店できるのが特徴です。また、サポート体制にシニア加盟制度があるのもユニークなポイントの一つです。

  • 加盟金:300万円/税抜
  • ロイヤリティ:36〜69%
  • サポート体制:家族加盟促進制度、シニア加盟制度、インターン社員独立制度、嘱託店長加盟支援制度あり。その為水光熱費助成金・24H営業奨励金・廃棄ロス助成金などもあり。
  • 契約期間:10年 ※シニア加盟制度適用の場合は5年

サークルKサンクス

2015年にファミリーマートとの統合が発表され、これまでサークルKサンクス系列だったフランチャイズ店もファミリーマートに看板が変わっています。地域に根ざしたコンビニとして支持されてきたサークルKサンクス。2018年9月時点では新規のオーナー募集は行っていません。

ここでは参考として、募集されていた時の加盟金やロイヤリティなどの基本情報をご紹介します。

  • 加盟金:300万円/税抜
  • ロイヤリティ:30〜62%
  • サポート体制:教室・店舗研修ならびに、スタッフ育成研修など
  • 契約期間:10年

スリーエフ

ローソン系列となっているスリーエフ。フランチャイズとして出店するには土地や建物の用意ができる人向けのFC-Bnタイプと、土地や建物は本部が用意するFC-Cnタイプの2種類がります。独身でも応募出来るプランもあるため、単身でコンビニ経営にチャレンジしてみたい方にとっては選択肢の一つとして挙がってくるでしょう。

  • 加盟金:100万円〜250万円/税抜
  • ロイヤリティ:21〜70%
  • サポート体制:独立研修社員制度、スーパーバイザーによるアドバイス、店舗設備レンタル、商品開発やマーチャンダイジングなど
  • 契約期間:10年

ポプラ

西日本の中でも、中国地方でのシェアが高いポプラは、ルーツが九州の酒卸のコンビニです。

業界では店舗数こそ少ないものの、地域によってシェア率が大きく異なります。九州中国地方であれば検討の余地のあるコンビニといえるでしょう。契約期間中に解約しても違約金がゼロの独自のフランチャイズシステムが特徴です。

  • 加盟金:100万円
  • ロイヤリティ:売上高の3%
  • サポート体制:本部の研修あり
  • 契約期間:5年 ※ただし、違約金0システムあり

まとめ

経営に失敗しないためにも、リスクはできるだけ少なく開業したいですよね。

ちなみに、ブランド力の指標となる売上高シェアのトップ5は以下のようになっています。

1位 - セブンイレブン
2位 - ローソン
3位 - ファミリーマート
4位 
 サークルKサンクス
5位 - ミニストップ

とはいえ、フランチャイザー選びは、売り上げシェアだけで検討する話ではありません。多角的に分析した結果、一番リスクが低く、儲けが出るところを選ばなくてはいけないのです。

各系列について、細かくまとめていますので、これから独立を考えられているかたは、ぜひご参考に。独立を目指されている方に、幸ありますように。 

ページトップへ